びぎなーずはっく

初心はなるべく忘れない方がいい

微睡む人形スージーの兄です。全てをお話しします。

というわけで望廊杯2ndちゃぶー堂予選レポです。

 

【前日譚】

ぼく「黒単で青単に勝てん助けて」

こかげ「試しにデッキ入れ替えて相手の挙動見てみたら?」

ぼく「やらいでか

 

〜実食〜

こかげ「ドロー、スージーセット、放棄」

こかげ「ドロー、スージーセット、放棄」

こかげ「ドロー、スージーセット、放棄」

???「ぼく」

こかげ「ドロー、放棄」

全く動けん「ぼく」

こかげ「エキドナ、ルーラ、ルーラ、タス、どうぞ」

負け「ぼくでいいです」

〜〜〜

 

というわけでプレイングが合理的であればスージー無しでもなんとかなる説がここで発生したわけです。

自分の中での整理も踏まえて改めて書くと

 

■スージー+休息の長所

・軽量コストで1:2交換を取れる

・使用後の除去範囲が広がる(ノゼ除く)

 

■スージー+休息の短所

・事前に仕込みが必要(肉屋、ガープ、プラン更新)

・手札に来ると処理が面倒(黒単だと自発的に捨てれない、単品で機能しない)

・その割に枠数を結構もっていく(アルカード含みで6〜8枠程度)

・スージーだけ残っても心許ない(パワー4000/スマッシュ1)

 

コロボ、青単などの爆速デッキを相手にする場合にこの短所が深く響き、なんならいっそ「肉屋でスージーを落としたせいでピンチに陥る→休息で何とか耐えるがその先がない」という状況に陥っていたのでは、という仮説です。

なのでちゃんとビートダウンが上手ければスージーは普通に入ってくるんだと思います。デスフェニだけ出しても別に強くない(他の展開のついでに出てくるから最悪)理論。

 

「それはプレイングが悪い」もそれはそれはその通りで、それを矯正する目的も兼ねた構築でした。それそれうるせえな。

 

というわけでデッキは以下をご参照ください。

【望廊杯ちゃぶー堂予選4位】黒単エキドナ | D0-RSS

 

序盤は丁寧に1:1交換、途中で破滅を刻み込んで盤面奪還し、そのままエキドナまで突っ走る構成です。

黒白(青)プラチナのデッキを極限まで黒くしたらこうなる、的な発想ですね。

除去の頭数と破滅の刻印は単色ならではの特権と言えると思います。

 

〜実食〜

・予選R1 青白隊列@モリエル氏 WIN

 →初手で毒蛇2枚とシェリー1枚。理想ムーブを貫きWIN。

・予選R2 青白カニ@ありす氏 WIN

 →初手で毒蛇とケットシー。追っかけでシェリーとノエルもやってきて無事耐え。

  侵略者も失恋で落としつつ、素出しのゴールドとブロンズはノゼとパニヴォを絡めて処理。

・予選R3 青黒クレバス@月海氏 WIN

 →前回の引き分けの反省を生かし最初から方針を貫く。

  序盤はドローゴー、余裕ができたらコストをバラけて並べながら前進。最後はタスがリリースイン。この試合で無事「パニックヴォイス通常召喚」のトロフィーを解除。

・予選R4 赤白スクラップ@RonRon-koko氏 DRAW

 →4ターン目プランにスクラップが見えたので失恋で落とせず、代わりにメロー先輩出場。

  今回は何度メロー先輩をおいても何某かのドラゴンの火を浴び即退場の連続。

  終盤はいっぱいのドラゴンがこちら側へガン攻めしてくるも、右手が光った結果エキドナとプラチナが招来し何とか引き分け。

  特にノゼが親指を立てながら溶鉱炉を上下昇降するシーンは涙なしには見られなかった。

・予選R5 白単@ギド氏 LOSE

 →中盤の失恋でピース3枚が見えてゲッソリ。躊躇している間にホワイトレディが突っ込んできてそのまま主導権を取られる。唯一打点で勝てそうなエキドナもTGFで×。

 

合計10点でオポ3位。決勝Rへ。

 

・準決勝 青単@エクセル氏 LOSE

 →初手にシェリーと毒蛇。先行1T目のウッディに泣かされるも偶然初手を通りかかったノゼで対処。4T目肉屋(アポ埋葬)→5T目破滅で一旦耐えたところで

青単ク〜〜〜〜〜〜イズ!!!!!「青衝撃X=2、これなーんだ?」

に正しく答えることができず死亡。正解は「パニヴォでシェリーを拾ってビッグアイを止める」でした。

青単は毎秒のようにクイズを出題し続けてきて、1問でも間違えると首に装着されたなんかデジタル式の輪っかが爆発してそのまま死ぬ。

 

・3位決定戦 青黒スカイロード@0嶋氏 LOSE

 →たぶん45分くらいやってた。相手は螺旋階段とパニックヴォイスが早めに揃い、

  さっき爆発して飛び散った首に真綿をじわじわ詰め込まれていく。失恋を打っても侵略者、コック、キャラが2枚ずつセットでそろっており打開策見えず。

  隊列を作る動きに合わせて対応するもリソースの差が出て負け。

 

というわけで4位、1点取れずでした。無念。

今回の構築でも対コロボ(特に加速シュシュ)や白単への対策がまだまだ甘いので、引き続き詰めていこうと思います。

 

ではまた次回!

勝手に★プレリーグ イベントレポートその2

というわけで前回の続きです。

 

▼イベントは終わったけど一応イベントページ

望廊杯2nd 勝手に☆プレリーグ - TwiPla

 

▼前回の記事はここに

beginners-hack.hatenablog.com

 

■□■□■□■  プレイバック  ■□■□■□■

今回は録画卓の様子をご紹介します。

予選ラウンド5戦と準決勝、決勝で合計7本です。

途中録画が落ちている試合があるとかないとか。

 

★予選ラウンド1回戦

youtu.be

 

知るひとぞ知るナイトストーカーズクラブと、望廊1stでも各地を騒がせたゼキオシュートの対戦。一発目からメタの大外を来てますね。

 

《ナイトストーカーズ・クラブ》で相手の山札をむりやりシャッフルさせることで、《犬闘士ブル・マスティフ》の効果が暴発。一緒にめくったプランゾーンのユニットをそのまま射出するコンボです。

うまくいくと相手の切り札破壊とフィニッシャー召喚が一瞬で出来上がり形勢が逆転するという、なかなか緊張感あるデッキだと思います。

 

★予選ラウンド2回戦

www.youtube.com

 

前回紹介したピックアップ2デッキの対戦。

魔獣暴走側はコンボが決まらなくとも、それ以外のカード1枚1枚が汎用性高く、コンボデッキながら対応力がしっかりしています。

エキドナ側も《指揮するフェアリー》による6→9ジャンプがしっかり決まり、綺麗に《プラチナドラゴン》が着地しています。

 

★予選ラウンド3回戦

youtu.be

 

プパ姉同士の激突(扉絵カードはガロンにしたけど)。

相手の進軍を抑えた瞬間に姉御が疾走してくるこの回は、まさに望廊杯2nd環境の縮図・あるいはチュートリアル的な動画になるとかならないとか。

 

★予選ラウンド4回戦

youtu.be

 

今度はアナの姉御が疾走。平成の疾走体感TCGがいまここに爆誕した。

このカードプール特有の、居合斬り的な試合展開はやはり健在です。

 

 

★予選ラウンド5回戦

youtu.be

 

今環境のコンボデッキはこのスピード感と常に向き合う必要があります。無限コンボがこの先生きのこるには...

そしてD-0動画界隈としては脅威の3分切り。多分これが最短だと思います。

カップラーメンにお湯を注いでから視聴してください。

 

★準決勝

www.youtube.com

 

言わずと知れたスカイロード。《賢者妖精ペイングリン》は無限に使わなくても十分ハイパワーです。というかこのゲームでエネルギー全回復はもうボルバルなんよ。空のボルバル。

 

★決勝

youtu.be

 

3ターン目に早速降臨しようとする2点スマッシャーも大概だし、3エネルギーで盤面の主導権を完全掌握する《侵略者の一撃》も大概。今更だけど。

激闘の行く末は動画をみてご確認ください。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

というわけで「勝手に★プレリーグ」のレポートはこれで以上となります。

主催としては、もともとこの環境でなんのデッキを使うか何も決まっておらず(もし人数合わせで出ていたら青単隊列を使おうと思ってました)、今回のイベントでいろいろなデッキに出会えて創作意欲がモリモリ出たので大満足です。

次回開催のときも、ぜひ皆様にお会いできることをお待ちしております。いろんなデッキを投げつけあおうね!

 

ではまた。

勝手に★プレリーグ イベントレポートその1

というわけで先日はお疲れ様でした!

フリプや観戦のみの方も含め、15名ほどの来場をいただき大盛況、改めてみなさんのご協力に感謝です。

 

▼イベントは終わったけど一応イベントページ

望廊杯2nd 勝手に☆プレリーグ - TwiPla

 

今回は主催として運営&大会には未参加なので、いつもと違う切り口でやっていこうと思います。まずは大会結果から!

 

■□■□■□■  大会結果  ■□■□■□■

 

★優勝:エクセルさん/予選  5勝0敗  1位通過 

【青黒スカイロード】

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2720

 

★準優勝:ヒグチさん/予選  4勝1敗  3位通過(オポーネント差)  

【赤緑コロボックル】 

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2721

 

★3位:レダさん/予選  4勝1敗  2位通過(オポーネント差)  

【赤緑アメーバ】

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2722

 

★4位:ホモ・ハイデルベルゲンシス(らくのーか)さん/予選  3勝1敗1分 4位通過

【黒青白ナイトストーカーズクラブ】

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2723

 

 

そして、大会の様子を見ていて面白かったデッキを勝手にいくつかピックアップ。

 

★白緑魔獣暴走/こかげさん

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2724

→本戦主催による至極の一品。

《洗脳組合バット・ファーザー》でなく《大陸アルドのノーム》を採用することで本来抱えていた色事故リスクの解消に成功。

魔獣暴走は自分も常々使いたいと思っていたので個人的にも今後の参考にしたい。

 

★4色エキドナ/うんのさん

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2725

→《指揮するフェアリー》で6→9ジャンプすることで《悪魔竜エキドナ》を高速射出。

 エキドナいいよね...

 

★青白ペイングリン無限/RonRon-Kokoさん

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2726

→各種カードで使用コストを軽減後、《タイガーストリップド・ナイト》着地→誘発に合わせて《賢者妖精ペイングリン》を使って山札に戻すと再び山札の上にカムバック。

そこにウォーターシャトルの進撃効果も合わせて無限ループを起こし、7点スマッシュを狙うデッキ。

先日見つかったエビレスラーといいカエルの彼といい、1-2の超古参がここにきて大抜擢されるのは心が踊りますね。

 

■□■□■□■  分布について  ■□■□■□■

 

〜〜使用デッキ一覧〜〜

・青黒スカイロード x1

・赤緑コロボックル x1

・赤緑アメーバ x1

・青黒白ナイトストーカーズクラブ x1

・白緑魔獣暴走 x1

・青白(デッキタイプ非公開) x1

・青黒クレバスコントロール x1

・4色エキドナ x1

・黒青ゼキオシュート x1 ( http://komekkun.com/d0-rss/decks/2623

・緑単tマキリプパ x1( http://komekkun.com/d0-rss/decks/2634

・赤単フレアロード x1

・青白ペイングリン無限 x1

 

結果として12人12様で完全にバラける結果となりました。

今回は大会形式をとりつつも交流会としての側面が強かったので、各自が検証したい、試してみたいデッキの博覧会となったのかなと。

 

そんな状況下で各プレイヤーは一体どんなカードを採用していったのか?

ここからは各デッキの採用カードなどを少し深掘りしていこうと思います。

(なお以下の情報は、参加者のうち情報公開に同意いただいた方(計11名)のデータのみを集計しています)

 

〜〜〜使用カラー分布〜〜〜

使用カラー分布。「CSっぽい」感じで作ってみました。

採用カード枚数としては青と緑がトップ、白はコンボカードとしての採用が多かった印象です。

ホリプパ台頭で黒の割合はもっと落ちるかな、と勝手に思ってましたが、《錯乱時計パニックヴォイス》や青黒カードを中心にシェアを獲得しています。

 

 

〜〜〜採用カードランキング〜〜〜

※なお3枚以上入った団結カードは、1デッキにつき3枚扱いとしてカウントしています。

(ランキングがすぐぶっ壊れるので)

合計採用枚数ランキング。6枚以下は割愛。

採用枚数はやはり《光の巫女ホリプパ》がトップ。《堕天使ムリエル》はもはや水みたいなもんですしね。

ちなみに次点に入ってくるのは(総合6枚/平均3枚投入)

《失恋の痛み》《断裂の魔氷クレバス》《香魔マナカ》

《変幻獣バブルチャイルド》《ウツロイ・ドリアード》《バニー・フラッシュ》《命の絆》

《大陸アルドのキメラ》《獣騎士ガロン》

以上がすべて同順となっています。

 

ちなみに今回の環境で解放された9枚のカードで比較するとこんな感じ。

 

今回釈放された人たちに絞って順位づけ。ところでエビアクトレス、おぉその資格はない

意外なのは《大陸アルドのフェアリー》あたりでしょうか。緑の全体シェアや《大地の緒》との交換釈放という事情から、もっと見かけるかなーと思いましたが実際は少なめでした。

 

これを見てちょっと気になるのは、「デッキへの採用数と採用しているプレイヤー数はどう対応するのか?」というところで、せっかくなのでプレイヤー数での切り分けもしてみました。

 

そのカードを(1枚以上)採用しているプレイヤー数でランクづけ。
ざっくりと「遭遇率」とでも捉えれば良いでしょうか。

大まかな面々は変わらないものの、2位以降の順位が上下していますね。

ホリプパが来る前提のもと黒系コントロールで挑む者、コントロールの中にホリプパを抱き込む者など、いい感じにごった煮していて引き続き望廊杯らしい環境になってますね。

反面メタを貼ろうとするとどこに向ければいいやら、マジで悩ましい。困る。

 

■□■□■□■  本日はここまで  ■□■□■□■

といったところで、デッキ分布としての振り返りは一旦以上です。

採用枚数が多いからといって何が最強、というのはもちろんないですが、この結果を何かしら有効活用してくれる人がいれば大変幸い。

 

また今回、各ラウンドごとに1卓ずつ、試合の様子をビデオカメラに収めていますので、後日その振り返りも行なっていこうと思います。

いつになるかわからんが次回をお楽しみに!

 

 

転生したら冥界の王だった件

「「どうも〜!」」

「村上です!」

「その、スリーブです」

ーです、おす!」

 

「《機械竜エスティタート》を、爆速で、出したいよ〜〜〜〜〜!!!!」

 

というわけでいよいよ望廊杯本戦です。

群雄割拠を繰り返してきたこの環境、本線で何を握るかをずっと考えつつ、今年の中旬くらいからずっと思っていることがありました。

 

f:id:beginners-hack:20211226211007j:plain

今回用意した説はこちら



というわけで検証していきたいと思います。

デカブツ特殊召喚の方法は多々ありますが今回は特に注目度が低い

《我こそが冥界の王なり》で検証をしていきたいと思います。理由は楽しそうだからです。

 

予言→真祖で序盤を牽制しつつ、最速で的確なメタクリを埋葬→蘇生するのが今回の狙い。そしてレシピは以下。

「メタクリ三銃士を連れてきたよ」

「「メタクリ三銃士?」」

 

《機械竜エスティタート》「全部無効、よろしく」

《レディ・スネア》「小粒無効、よろしく」

《断裂の魔氷クレバス》「5。」

 

というわけで以下レポです。

 

ーー

第一ラウンド:緑単/刀匠@ちゃぶー店長 ○

後手。相手は1T目からアルドキメラ。

こちらは2T目にガープ投下で悪魔の予言を埋葬。そのまま次のプランで真祖を捲る。

クレバスを落として仕込み終了。ガープがストラテジー落とせるの本当に偉いね。

その勢いのまま5T目に冥界の王を呼び込みクレバス着地。盤面を一旦更地にしたが返しのターンで後続の歌姫×錬金術師で返される。

こちらも負けじと真祖からスネアを埋葬しつつ残ったエネで再度冥王発射。

盤面制圧完了とともに投了をもらい勝利。

《我こそは冥界の王なり》を打った瞬間の相手の表情からしか得られない栄養素、あると思います。

 

第二ラウンド:青白/カニ@ありすさん ×

後手。こちらは肝心の悪魔の予言を初手に握り込めず。

真祖を喰らうを2T目に打って覚醒を牽制するも、4T目に侵略者→エビゴールド着地。

除去も見当たらず死亡。

 

第三ラウンド:赤黒/グラッジ速攻@いきすぎ丸さん ×

後手。相手は初手グラッジ。2T目からスマッシュを入れられたので大至急悪魔の予言でマキ公を宣言。残りのもう一枚がニシコトロで絶望。

相手のブン回りを必死にノエル置きながら5点まで耐えたりしたが、どうこねくり回してもあと1体を捌けない。負け。

 

第四ラウンド:緑青黒/はやい草@RonRon-KoKoさん ×

2ターン目ガープから悪魔の予言を叩き落とし、次のターンで真祖を喰らう黄金ルート。エスティタートを埋葬。

そのまま4ターン目、プランで冥王様がひょっこりはんしてしまったのを見て、相手が大地の緒を経由して落としにきたのでダサソで素早く回収しながら予定通り最速エスティ着地。

形成逆転!、、と思いきや返しのターンで緒も絡め全員特攻で合計6点まで。切り替えの早さエグいんよな...

場のユニットは全て処理することはできてもその先の緒をどうにもできず。メローカードも当分出てこずでそのまま負け。どうして...

 

第五ラウンド:赤黒/グラッジ速攻@海藻さん ×

最後の1本。ガープ→予言落下→真祖のルートで相手のグラッジを飛ばしながらレディスネア埋葬。

5T目に無事冥王からスネアを着地させるも、返しのターンで予期せぬ恐怖政治。

急いで2枚目の冥王でスネア再誕。ここで勝負を急いでしまいスネアを前進させると

2枚のマキリでスネアが焼かれ、返しの札も用意できず死亡。

 

 

 

...

 

 

 

f:id:beginners-hack:20211226221154p:plain

おわりー

 

 

デッキの動き方は相当面白いんですが、結果として環境の高速化についていけませんでした。

具体的には除去の枚数はあるものの1枚ごとのコストが高く、処理に追いつけなかったのが大きいのかなと。

今回もあえて隠匿で大会に臨んでいたため、ここは「調整不足・実戦不足」が如実に出てしまいましたね...なんとも勿体ない。

 

 

ひとまずこの環境は幕を閉じたものの、今後も未開拓のデッキを探して頑張っていこうと思います。野田さんの「最下位取っても、優勝することあるんで、あきらめないでください」を心の支えに、引き続きやっていこうと思います。

 

来年もよろしくどうぞ。

ちゃぶー堂予選レポ

ブログの更新は1年10ヶ月ぶりくらいらしいです。大会がそもそもないので仕方ない。

 

デッキレシピ↓

http://komekkun.com/d0-rss/decks/2543

 

バーミリオンハンターとブレイブスパークを擦り続ければ負けないんじゃね?から始まったコントロールデッキ。

フェザーでブレイブスパークを回収したりナイトメアソルジャーからバーストとかフォビドゥンとかを拾う姿はまさに1stセンチュリー勝利への計略。

 

Q. なんでライトニングホーン1枚なの

A. もともと2枚だったけど直前にカニ神龍の怪電波を傍受してしまい、1枚がサトゥイになった結果。

 

Q. そもそもフォビドゥンてなに

A. 最強の速攻殺し(のはずだったもの)。2コス5000なら七つの海の王子もレプラコーンも踏める(はずだったもの)。リムセを弾いてでも3投する男気を見せた。

 

というわけで以下レポ。

 

第一ラウンド:赤緑/ゲルボックル@くとぅるふさん ○

 

先手。1T目からベースを張りつつ相手はチャイルドからスタート。

爆速でバブルゴイルが捲れチャイルド起爆→もう1枚手札から起爆、さらにはゲルトロールのスマブまで付いてきてエネ差がガンガン伸びる。

対してこちらは粛々とベースを並べ、いい感じに出てくるバブルライカンをいい感じに火力で焼きながら粛々と融解召喚。

あとは手札構えながら融解単騎でがんばるかーと準備ができたところで相手投了。ゲームの流れとしては理想的でした。

 

 

第二ラウンド:緑青黒/草@清書さん ×

 

こちらが濃厚三色 草無双さんの濃厚草無限妖魔の探偵トッピングです

うっひょ〜〜〜〜〜〜〜〜!

着席時(デッキ)トップに 悪戯大樹が吸い付いていたのを見て

大きな声を出したら店主さんの誠意で初手を1枚サービスしてもらいました

俺のレポート次第でこの大会潰すこともできるんだぞってことで

いただきま〜〜す まずは失恋の痛みから

コラ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

これでもかってくらい濃厚ハンドの中には

時空城砦も入っており怒りの余り悪戯するフェアリーの方を落としてしまいました〜〜しまいました〜〜(←ここ最高にプレイミス)

すっかり店側も立場を弁え 誠意の草プレイを貰った所で

お次に圧倒的存在感のプランを

捲る〜〜!殺すぞ〜〜〜〜〜!!!(←除去が見当たらない)

ワシワシとした食感のエネルギーゾーンでは、プラン事故が起きており

さすがのBIGINAも鬼籍に入って行ってしまいました~!

 

ちなみに、BIGINAさんが(ライトニングホーンを1枚抜いたのを)土下座している様子は ぜひサブチャンネルをご覧ください

 

第三ラウンド:緑/刀匠@ちゃぶー店長 ○

先手。このあたりで急激に集中力が切れ、ミスプ連発。

相手のスマ数を3だと思い込み4点入れたらまだ6点だったり、

ラクタライン上の降ってきた2コスユニットを焼き忘れたり、ラジバンダリ。

泥試合の結果なんとか勝ち。

試合直後に爆速でブラックサンダーを補給。

 

 

第四ラウンド:緑青黒/草@だんくんさん ○

先手。レプラを処す気持ちで2T目フォビドゥン召喚。そのままマントルを貼り全ての墓地を焼き尽くす方針へ。

手札に火力を握りながら執拗にハンデスや除去で墓地を焼き続け、相手の山札を5枚まで追い詰める。

融解で攻め込んだところ時空城砦2連打で山札増強で耐えられ、次のターンにはその融解も除去されてしまう。

相手の手札にヴァサーゴがあるのを知っているので攻めに困っていたところにトップはフェザー。

というわけでフェザーを中央投下→失恋の痛み回収して安全確認→バースト前進でFINISH。まさに1stセンチュリー勝利への計略。

 

というわけで3-1。いざ決勝ラウンドへ。

 

 

準決勝:青黒/スカイロード@エクセルさん ×

ちまちまベースを貼りながら6T目頃に相手失恋→自分失恋→相手失恋の大応酬。

リソースを回復しようとしている間にイーシャ・ミダレバコ・キャラ(素出し)をトントン拍子で決められ死亡。

 

 

3位決定戦:青/青単隊列@レダさん ×

1T目ガラクタ→2T目フォビドゥンで牽制。向こうのフローラを踏んだ返しにマナカ+チャイルドスピリットでフォビドゥン退場。

相手6T目でウッディが見えたがこちらの手札は2枚だったので素出しで着地。パワー8500。さらに次のターン七つの海の王子も着地。

この時点でブレイブスパーク(ベース3枚)&ガラクタで七つの海を焼ける盤面だったが相手の残4エネに躊躇して火力を打てず。(結果ブラフだったことが発覚)

そのまま次のターンには青衝撃→コックハワード→勇者と固められ、

最終的に8500ウッディも奥まで来て死亡。

 

 

〜〜総括〜〜

当初組んでから2-3戦の手触りだけでポテンシャルを感じていたので敢えてほぼ調整せずで持ち込んだわけですが

そのツケが決勝トーナメントで返ってきた感じですね。

戦い方は嫌いじゃない(まさに1stセンチュリー勝利への計略)ので定期的に回したい一品ではありました。

 

 

 

〜〜次回予告〜〜

ronron-koko「ミスフォーチュン20枚を君に託す!いいデッキ待ってるぜ!」

 

ジエンドさん「手札を枯らした後は俺に任せな!なに!ドロソだと!?俺は帰るぜ!」

アルカトラズさん「墓地が肥えた時には俺を呼びな!良いアタッカーになるぜ!」

ディアボロガストさん「お!墓地が肥えてるな!4枚回収しとくぜ!(でも自身は回収できないぜ!)」

アイスクロックさん「あら!墓地が肥えてるわね!除外して合成するわよ!」

アルカトラズさん「どうして」

 

次回、ディメンション・ゼロ666話、「新たなる雇用先」。

新たなデッキへレディーゼロ!!!!

ギュウタン タタン タンタタン ターン

 

 

はてブではお久しぶりです。

ちょいちょいいろんなところで大会遠征してたものの、文字に起こす程度の戦績もなく

結構ご無沙汰でした。去年の裏町田杯以来なので11か月ぶりらしいです。

 

というわけで望廊杯仙台予選 a.k.a. 東北最強決定戦レポです。

 

 

~~~~~前日譚~~~~~

白黒プラチナ@ギドさんが優勝して幕を下ろした木厚木予選。

その時は黒タッチ赤ドールで臨み、結果は1勝4敗と近年でも最高レベルの絶不調でした。

 

その結果を踏まえてびぎなー氏、2種のデッキ方向を模索。

1つは超スピード特化/プラチナ出る前に処すを目的とした赤黒隊列召喚。

そしてもう1つが、みんな大好きゼキオ・ワンショット(今回は青黒合成軸)。

 

それぞれ回した結論、選ばれたのは綾鷹でした二者の相の子構築でした。

というわけでデッキレシピ。

 

<デッキ>

デッキ名:黒単WRBスペシャ

■メイン(黒40/U27-S10-B3/禁呪6

ケットシー ×3

・突き刺す人形シェリー ×3

・黒雲軍団会最強の会長 ガープ先生 ×3

・ディドゥルチャージ ×3

・不幸の指輪 ×3

・微睡む人形スムージースージー ×3

・墓堀公クローゼ ×1

・切りつける人形ノエル ×3

・みんなだいすき まおう ぜきお ×3

アルカード伯爵 ×2

 

・肉屋の注文書 ×2

人形遣いの休息 ×3

・名前アドだけで3億点 ダーク・リバイブ ×2

・黒衝撃 ×3

 

・主無き古城 ×3

 

//////////////// 

Q1. クローゼ1枚つらくね? → わかりみがある、少なくとももう1枚は欲しい。

Q2. アポ天は?刻印天は? → あいつは置いてきた。重いので

Q1. ぜきお君の打率は?  → 登板数0、打率0.000です!!!!!!!

 ////////////////

 

 

 

~~~~~いざ、対局~~~~~

戦況間違ってたらスイマセン

 

第一ラウンド:青黒T白/ゴルゴンチャーベルチャー@ささささん ○

なんだかわからんが今回はヤベーデッキが出場しているらしい。

どうやら急に7点叩き込むデッキらしいがいったい何オが入っているんだ...?

と思ったらさっそくマッチング。

 

2T指輪→序盤からアルカードを落としつつ

→ディドゥチャ+ケットシーと小物を展開。

するとどうやら相手は低速のコンボデッキのようで、そのまま雪崩のように物量で流し込み勝利。古来から伝わる波状攻撃はいまでもつよい。

 

 

 

第二ラウンド:青単@いとうさん ○

VS青単隊列。つくば予選で処されてから定期的に戦ってきていたので

その蓄積が効いた模様。

シェリーで処し、休息スムージーで処し、アルカードで処し。

勇者FXXKと想いながらもなんとか詰めてWIN。

 

 

 

第三ラウンド:赤単@49さん ○

本日のゴッドフィンガー回。

初手のシェリーとスムージーを投げ落とし、3枚の休息とピン差しのクローゼを

すべて打ち切って勝利。

 

 

第四ラウンド:草@草マスター ×

 

3回戦の反動か、プランも手札も軽量ユニットに恵まれず。

せっかく握った休息も失恋で叩き落とされ、それに焦った結果無駄プレイを生み

そのまま無限草。

f:id:beginners-hack:20200112221927j:plain

 

 

 

 

 

 

 ////////////////

というわけで、3勝1敗、合計9点で初の決勝T進出。これは快挙。

せっかく仙台まで遠征きてんだ、このまま優勝目指すぜ!どうやら対戦相手は予選1位らしい!相手は...

 

 

 

4位:びぎなー(9点)

3位:Dさん(9点)

2位:花音さん(9点)

1位:草マスター(12点)

 

f:id:beginners-hack:20200112221927j:plain

 

~~~~~いくぜ、決勝T~~~~~

決勝T第1回戦:草@草マスター ○

2T目シェリー、3T目肉屋からゼキ男とアルカードを発注。

相手が緑エネ枯渇しているようで、プランの緑をスマッシュに埋めつつ小物展開。

相手がスマッシュ貯めたところでクレバス発射→対応でアルカードを出してこちらも応戦。

相手残り4エネのタイミングで対処札無しと踏み切り進軍するも、降ってきたのはまさかの草。そういえばアイツユニットだったわ

しかもその返しのターンでもう一体の草も着地。

 f:id:beginners-hack:20200112230131p:plain 

...と思ったらどうやら相手の緑エネが足りないらしい。

事故った隙を見逃さず、次のターン衝撃まで絡めてFINISH。

 

今のところ草マスターとの戦績は4戦2勝2敗。令和になってから一番草と戦ってるのはたぶん自分だと思います。

 

決勝:白緑大地の緒@花音さん ○

来るところまで来たぞ俺。緊張して虚無のゲロ出そうだぞ俺。

というわけでいざ決勝。

相手は2Tフェンリル→3Tブレイカーと好調な滑り出し。

こちらは肉屋に発注できたもののスマッシュは使えず&休息も打てずでだいぶしんどい。しかもシェカラートも飛んできた。

相当しんどい盤面でディスティニードローのクローゼ。

墓地のシェリーと絡めてアルカードシンクロ召喚、そのままフェンリル破壊。

スマッシュが使えるようになったのでノエルでブレイカー除去→使えるようになった休息で一気に捲り。

 

相手ユニット無し+手札2枚まで減ったのを確認し、

そこからじっくりスマッシュ&除去握りを徹底、魂の勝利獲得。

 

 

<総括>

 合計5勝1敗、15代目東方不敗の称号を獲得!!!!!!魂!!!!! 

ゼキオは登板できなかったものの、墓地で睨みを利かせているのがプレッシャーになってたのかもしれません。

 

D-0復帰して1年半、最初に345環境でマキリぶちかまされたときは「俺の知ってるディメンションゼロはこんなこと言わない」と嘆いていましたが

なんとかタイトルホルダーにまでなることができました。ありがとう埼玉県蕨市。ありがとう神奈川県町田市。

 

 

ちなみに次のデッキテーマは「ぼくのさいきょうどらごん」と「7n+1 / 5n+1」です。

これからもがんばります。

プ・レ・ミのうた【裏町田杯レポート】

プ・レ・ミのうた

作詞:びぎなー

作曲:びぎなー

うた:びぎなー

 

 

「ド」は「どうしてあのタイミングで返さなかったの?」のドー♪

「レ」は練習不足のレー♪

「ミ」は未熟のミー♪

「ファ」はファーーーーーーーーーー(ミスに気づいて悶える瞬間)

「ソ」はあおいそらー♪(絶望して点を仰ぐ)

「ラ」はライフ計算ミスのラー♪

「シ」は死(真顔)。

 

...

 

という訳で裏町田杯レポートです。

 

<デッキ>

デッキ名:青単スカイロード

■メイン(青40/U30-S10-B0)

・マナカ ×3

・コジ ×3

・フラウ ×2

・ハボウキ ×1 ←フラウが2枚しかなかったので軽量ユニットの増強として

・ラコク ×3

・ミダレバコ ×3

・イーシャ ×2

・キャラ ×3

 

・七つの海の王子 ×2

・クレインホーマー ×2

・ローグロングホーンビートル ×1

シニスターマインドスピリット ×3

・星降る海の魔女アナ ×2

 

・ダークサイドソウル ×2

・サイバーチェイス ×3

・侵略者の一撃 ×3

・魔女の粛清 ×2

ーーーー 

■サイド(青10/U6-S1-B3)

・星降る海の魔女アナ ×1

・ギンヨウ ×2

・ローグロングホーンビートル ×2

・蒼王星キングトライデント ×1

・魔女の粛清 ×2

・スプレーアートの聖地 ×3

 

 スカイロードで出ることはなんとなーく決めていた訳ですが、タッチ黒にするのか青単にするのかでずっと悩んでおり。

 

 

////////////////

青黒:除去、ハンデス、墓地回収と柔軟に対応できるが手札があまり増えない

 

   →侵略しにくい

 

青単:手札モリモリで侵略しやすいけど除去コンやメローカード類しんどい

 

////////////////

 

青黒のほうがケアすること多くて辛いかなということで今回は青単でエントリー。

全対戦終わって振り返ってみると、対応する術がなくて呆然とするよりは

選択肢多くて悩みながらも捌けたほうがよっぽどよかったのかなあという気がしている。

 

<対局>

戦況間違ってたらスイマセン

 

第一ラウンド:赤単@はすかさん ○×○

第一試合は相手のゲームロス(デッキリスト)からスタート。

...実は自分も最初はデッキリストに再録されていないネイビースピリットを記入していて、あわやジャッジキルになりそうだったのは内緒だぜ。

ありがとう代打キングトライデント。一回も登板してないけど。 

 

第二試合はこちらの動き出しタイミングで相手のマグマダンサーが着地。

お茶を濁しながらも終始マグマに縛られ死亡。

 

第三試合も見えないマグマダンサーに翻弄されつつ、4点喰らった状態で相手の場はノヴァの女含め三体。

ハンドから返せる術は実質なかったものの、ハッタリでノヴァの女に小物を投げてどうにか牽制、返しのターンからも騙し騙しでなんとか逆転。

(そもそもノヴァの女が出る前にある程度捌いていれば、こんなギリギリにはならなかったのでは...と試合後に反省)

 

第二ラウンド:青黒スカイロード@エクセルさん(今回優勝) ××

チェルモマッチ。

同型戦でさすがに場数が違いすぎた。

初戦は序盤からキャラに蹂躙され、2戦目はローグロングが冒頭から牽制したもののアポカリプスで焼かれてからはどうにもならず、死亡。

 

第三ラウンド:赤黒融解コン@月海さん ○××

町田マッチ。

初戦はメローカードを警戒しつつ、隙をみてイーシャを奥までねじ込み6点まで奪取。

あと一点と思うがやはり赤黒はここから先が長い。出しては捌かれの応酬が数ターンつづき、30分あたりでようやく1本先取。

 

2戦目は序盤に出てきた灼熱王を七海王子で追いかけ回してどうにか処理。その後じわじわ詰め寄るも、メローカードの無限回収やアポカリプス・火力のおっさん(赤の4コス/名前は忘れた)に阻まれ7点目がどうにも届かず、こちらのネタ切れで投了。この時点で69分経過。

 

第三試合スタート後、一瞬でエクストラターン→サドンデスへ突入、ここでびぎなーの焦りは頂点を迎えてしまう。

なぜか侵略者の一撃がリリースインで相手エリアまで飛べると勘違いし、返しのエネも持たないままマナカ発射。

 

フリーズ状態で敵軍に着地するマナカ。スマッシュも何もせず手札へ帰るマナカ。

 

返しのターンで火力のおっさんに殴られゲームエンド。

自らのプレミでメンタルブレイクし、メンタルリセットする時間も取れぬまま最終ラウンドを迎えることに。

 

第四ラウンド:白単@風歌さん ○××

町田マッチ。

初戦はシニスター先生が奥までねじ込みパワー9000で圧倒。4点獲得。

返しでシニスターを処理され&エンジェルも沸きつつ、なかなか息苦しい盤面へ。

とはいえあと3点、キャラで効果を使わず奥まで歩いてむりやり追加の3点を叩き込み勝利。自分の足で歩けシンデレラ。スカイロードはシンデレラだった。

 

2戦目からはサイドのスプレーアートを搭載し、耐性への体制を確保。

しかし2戦目は引けど捲れどスプレーアートが見えず、軽量ユニットにバチバチ叩かれながら死亡。

 

そして3戦目。初手からスプレーアートが見えたので早速貼っていく。

びぎなー「(フェンリルのパンプ効果は止めたいし、耐性青も避けたいとなると...)」

びぎなー「緑 で !!!」※耐性-青がアトゥイくらいしかないのに気づくまで15分かかりました

 

パンプ効果を得られない緑色のパラディン

それをあざ笑う緑のスカイロードと七海王子。だが気づけ、君らも七海王子の効果を受けられないんや。※気づくまで15分かかりました

 

驚愕の事実に気づいた時にはすでに遅く、無駄にエネルギーを消費しながら相手の対応をしているうちに盤面を作られ、そのまま返せず死亡しました。

 

<総括>

最強のメンバーを紹介するぜ!

吹っ飛んだ先でもリリースイン!「最強☆侵略者の一撃」!

色指定なしでパワーを二倍!「最強☆七つの海の王子」!

自身のパワーが二倍になる効果を全ユニットに付与!「最強☆七つの海の王子」!2人目!

以上だ!

 

というわけで中部祭にでるときはテキストミスがないように気をつけたいですね。

はい。