びぎなーずはっく

初心はなるべく忘れない方がいい

打てる珊瑚は強い

今宵はチェルモ非公認。(I-1 / I-2)

 

非公認だし秋葉原の黒単と同じにしてもつまらんし、ということで

実験的に他色を刺す方向に。

 

・黒単よりもうちょいスリリングでヒリついた試合がしたいなという想いと、

・呪われた館の上で速攻獣を暴れさせたい

の2点からタッチ赤で決定。

 

ーー(以下、略称)ーー

デッキ名:黒ときどき赤ウイニー志向

■メイン(黒28赤12/U26-S11-B3)

・キラー ×3

・エビル ×3

・ソーンズ ×2(※1)

ミュラー ×3

・スパイクガールズ ×3

・サージェント ×3

・ウンバウンバ ×3

・レイザー ×3

・バーン様 ×3 

・冥界門 ×2(※2)

・失恋の痛み ×3

・シャドソ ×3

・呪われた館 ×3

・残留思念 ×3 (※3) 

 

※1:ソーンズは3枚じゃないと積む意味ないと思いながらも、プラン事故で泣きを見たくなかったので1枚アウト。

※2:速攻獣6枚積んでるしまあええやろ!の精神

※3:正式名称はトロール流砲撃術。北海道のある一部地域の方言で残留思念と呼ばれていた。

 

<対局/参加者 計5名/1本先取>

1戦目:青緑召集 ×

序盤は青緑配色を見て歌劇場を警戒。初手で呪われた館は握っていたが、

歌劇場ラインに館を貼りたかったのであえて1ターン保留。

6エネから歌劇場が出てこなかったのでしびれを切らして館を建設。

 

続いて中盤、手札破壊完了した直後にプランから見える金の珊瑚。

相手の手札が一気に復活。打てる珊瑚は強い。

 

その勢いのまま終盤、結局出てきたのは歌劇場でなく真珠貝の魔女。

古城で増強されたスキュラが止まらないし、せっかく積み込んだ残留思念(※3)も握れない。シャドソが捲れるが既に手遅れ。死亡。

 

2戦目:不戦勝(観覧)

1戦目に戦っていた青緑の人が金の珊瑚を2回捲って爆アド。 

打てる珊瑚は強い。

 

3戦目:黒単 ×

開幕失恋を食らうも無事に館の建設からスタート。

サージェント&ガールズが前線、後続にバーン様を並べていったものの相手のガールズや失恋が重なり手札は崩壊。

こうなるとあとはプランから波状攻撃するしかない、と展開するも中途半端に6点目を

与えてしまい、返しのターンで詰められ敗北。

 

<総括>

構築にしてもプレイングにしても「ガリガリ攻める」「手札を枯らす」の選択が中途半端だった。黒赤の比率を50:50くらいにしてさらに軽量化しないと厳しそう。

※そもそも全軍突撃入ってないという点もある。旧カード群は一体どこ行ったんじゃあ...

 

大会後はブレードマスター調整。詳細は例の記事にて。

 

ブレードマスターヤマト 構築編

備忘録的に。

 

◼︎Day1

チェルモでマスター鎌鼬ブレード10枚と千手ブレードを発掘。気付いた時には購入していた。

やっちゃったZE☆

 

◼︎Day2

とりあえず40枚の紙束を錬成。家のストレージを漁って3枚発掘したが流石に足りない。

一旦使いたいカード全部ぶっ込んで鎌鼬16枚(プロキシ含む)でスタート。

 

◼︎Day3

裏町田初参戦&初回し。

「オレは実は瘴気の渓谷貼られただけで死ぬぞオオ」と思い城砦を入れてたが、思った以上に貼る余裕がない。それに全然鎌鼬が捲れない。

なので全部鎌鼬に差し替える(なおプロキシ)。

 

今後の課題。

鎌鼬ブレード仕入れ先(ネットで買う想定)

・何回回しても手札が足りないが構築どうする

→黒入れて墓地回収?(色拘束重い)

→青入れてドロー加速?(ドロー=デッキトップがお留守になる)

→毎回バドソが3枚捲れるようにプラン筋を鍛える(たぶん正解)

  

◼︎Day4(New!)

とりあえず鎌鼬はネットで購入したので発着待ち。

チェルモ非公認後に2回ほど調整 vs 緑単。

・たとえ緑単相手だろうが、バードマンソウル3枚握られてるつもりで戦え(?)

・とにかく4000の壁がしんどい

・ドラゴンブレスがいろんな意味でいい味出してる気がする

 

あと先週あたりから薄々感づいていたが、千手ブレードくんが全然噛み合わないので

多分彼は戦力外通告なんだと思います。南無三。

 

今後も随時更新予定。つづく。

【D-0】全最2018予選@秋葉原

勢いに任せてTwitter垢とはてブロ開設しました。更新頻度は未知数。

 

<背景>

中学・高校時代に北の大地でD-0にハマる(当時はオフラインとdiarynote中心に活動)

大学受験の勉強を機に一度カードゲーム全般離脱。

大学入学後もあまり触らなかったがなんとなく情報だけは目に入ってくるくらい。

急に現在。だれかのブログで「diarynote」という古代文字を目にした瞬間あらゆる記憶がフラッシュバック、やるなら今しかねえと決起。

※「やるなら今しかねえ」という単語から長渕剛が出てくるかネプチューン(or笑う犬の冒険)が出るかで年代がわかる気がする

 

<デッキ>

環境がI-1/I-2(ゴドルフとトロールバレー除く)とのことで

・とりあえず歌劇場やら緑メイン見れればええんやろ!

・っていうかカードプール黒系しか持ってねえ

ってことで黒単に決定。

かつて友人らと決闘っていたときのスカルティラノスでぶん殴る(正式にはぶん殴られる)爽快感が原体験として蘇ってきたので、館でハンデスしつつティラノスで〆る型に決定。

ーー(以下、略称)ーー

デッキ名:黒単ノーソウル・ノーフェザー

■メイン(黒40/U26-S11-B3)

・キラー ×3

・エビル ×3

・ソーンズ ×3 

・エリザベス ×3

ミュラー ×3

・スパイクガールズ ×3

・サージェント ×3

・ダミアン ×2

・マリアン ×1(※1)

・スカルティラノス ×2

・冥界門 ×2(※2)

・失恋の痛み ×3

・シャドソ ×2(※3)

・黄泉返り ×2

・鉤爪 ×2

・呪われた館 ×3

 

※1:ほんとは使うの苦手で入れたくなかったけど、緑系が大多数(のはずだった)だし1枚は入れとかないと...くらいの気持ち

※2:直前まで2枚しか持ってなくて、無調整で3枚目入れるのをチキった

※3:3枚目のシャドソはみんなの心の中に居ます

 

 

■サイド(黒10/U3-S7)

・マリアン ×1

ギガンティック ×2

・冥界門 ×1

・肉屋の注文書 ×3(※4)

・ポイズンレイン ×3(※5)

 

※4:構築当初はメイン肉屋⇄サイド失恋(館貼る前に墓地でキラーとガールズいたらなんか安心かなって)だったのを、前日に正気に戻って入れ替えた

※5:心のビタミン。お守り。

 

なんでフェザー入れなかったの?と聞かれると、現役時代はその強さに気づけてなかったから、としか言えない...(もし入れてたとしてもダミアン1枚⇄フェザー1枚かなあ)

 

<対局>

1人目:黒単@優勝者 ××

「まあ1戦目は当時のカンを取り戻すためのリハビリっしょ〜」くらい軽い気持ちで臨んだらさっそく同型(城ベース)。圧倒的にプレイングの差を見せつけられたショックで一気にかつての感覚を取り戻せた気がしました。

 

2人目:緑単 ×○○

1戦目→プランから2枚失恋が見えて調子に乗っていたら最後の最後でプレイミス。死亡。

2戦目→サイドからマリアンと冥界門投入。中盤終盤でシャドソ握ってる風プレイングがうまくできたのか、テンポを取れて勝利。

3戦目→今度はシャドソ(本物)が良いタイミングで見えつつ、最後は門2連チャンで奇襲。

 

学生時代から緑単の相手は延々やってたのでその記憶を活かせたのもデカイ

 

3人目:赤緑速攻 ○○

1戦目→相手のフェアリーソウルで棚ぼたブーストもしつつ、盤面も取りつつ勝利。

2戦目→お守りのポイズンレインが活躍。2エネで敵2体溶かしつつ、サージェントで圧力かけつつ勝利。

 

4人目:赤黒貪欲丸(!?)××
1戦目→赤黒の配色を見て(谷なしトロールバレー...?)とか考えてる間にガリガリ速攻されつつ死亡。

2戦目→速攻対策のポイズンレイン。しかし発動機会も特になく。

敵陣で睨みを効かせている貪欲丸に嫌な気配を感じ、相手のエネが少なくなったタイミングでエリザベス...と思ったがこれがプレイミスだった。

相手エネが赤1黒3なのを見て「今なら踏まれへんやろ」とエリザベスを自陣に置いたその刹那(こちら残1のため破棄は不可)、

相手キラー召喚→貪欲丸がぶん投げる→その勢いのままキラーに踏まれるエリザベス(´・ω・`)

さらに次の相手ターン、蠢く死者でツインバイト蘇生→貪欲丸がぶん投げる→その勢いのまま自陣まで来たツインバイト。

「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。リリース(笑)

 

プレミがエグかったけども1番楽しい試合でした。

 

<総括>

スカルティラノス1回もキメれてねえ。1回出したけど相手の手札枚数間違えてて1点足りなかった。爪が甘い。スイーツ(笑)

 

次に組みたいデッキの素案も思いついたので、どこかで調整予定。

(345環境は...もうちょい気長に考えます。)